トップイメージ

従兄弟に商品券をあげました

渡された利用レシート保有する必要性はないのだろうか。 結果をここに述べると保存することはないというのが答えです。

個々で保持していることにより自身が会計した痕跡を残しておきたいという際には残せばよいのだし、そういった明細はいらないという場合は保管しておく必要はないでしょう。 しかしながら毎月送付される利用履歴との照合には絶対に上述の利用レシートは不可欠なのです。

レシートをその時点まで少なくとも保管していないとなると、どこでいつ頃どれだけの金額を使ったのかというのが不明になることだけに限らず、誤植やダブった請求の確認作業がすることができなくなってしまうから危険です。 特にカードを使用した金額は明細レシートを保存していない限りは覚えておくことはできないはずです。

理想的には使用明細書が送付されてくるひと月ふた月くらいは、きちんと保管するようにするべきである。 レシート処分のやり方)クレジットのレシート廃棄のやり方はすごく簡単なのです。 人に不正な使用をされないようできるだけ細かく裁断して廃棄するだけで問題ない。

小さなシュレッダーなどが自宅にある場合には用心のために使うのが良いでしょう。 カードの使用を記載しているレシートであるがゆえ、クレジットNoなど、個人情報を特定できるものがとても多く書かれています。 普通のレシートと軽視せず、処分は注意して行うようにしたいです。 また、今では防犯対策の意味で明細レシートにカード番号といった個人の情報が記載されていない明細レシートも出てきているようだが信用しすぎは禁物と思われます。


リンク